親なきあと問題

土曜日に枚方市で行われたリーガルサポート主催の成年後見、相続、遺言の相談会で、僕は6件の相談を担当しました。

もう10年以上参加していますが、少しづつ相談の内容が変化してきてると感じます。

今回は、いわゆる親なきあと問題や8050問題の相談が増えてきてるのかなと感じました。

つまり、障碍をもった子や、ひきこもりの子がいて、親が死亡などで同居できなくなったときにどうしたらよいのか?という相談です。

司法書士や兄弟姉妹など信頼できる人との任意後見契約や家族信託契約で、サポートを託していくということがまず考えられますが、

しかし、8050問題はそれだけでは根本的な解決にはならないだろうし、相談を受けていてもなかなかツライ気持ちになります。

ほかに、遺言書作成の相談が多いように感じました。

これは、ここ数年メディアでの取り上げられることが多いので増えているかと思います。ただ、今年の遺言など相続法の改正を知って来られている方は少なかったように思いました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です