一般社団法人寝屋川青年会議所 つづき

公益社団法人か?

一般社団法人か?

寝屋川青年会議所は一般社団法人を選択したわけです。

 

そのわけは、青年会議所メンバーそれぞれがいろいろな思いで決議したわけですが、

僕なりの解釈では、

一般でも公益でもどっちでもよかったんです。

そもそも、やっていることはだいたい公益目的なんだけど、

柔軟に活動していきたいとすれば、公益は縛りが多い。

なら、一般でもいいんじゃない?ってことです。

 

今回の公益法人改革は

全国の青年会議所にとっては、

どーでもいい話、関係のない話、とばっちりみたいな話だと思います。

そもそも一番公益目的な組織だから。

 

青年会議所は、基本的に収益活動をしません。

ですから、そもそも所得税が掛かりません。

すくなくとも寝屋川青年会議所はそうです。

そして、理事、監事など役員は一切の報酬、給料をもらっていません。

事業を行うための資金はほぼすべて、会員が払う会費で賄っています。

 

一般か公益かだと、公益社団法人のほうが、

なんとなく、ランクが上のようなイメージです。

実際、公益のほうが、一般より税制面で優遇されるとされています。

しかし大きなメリットはそこぐらいだと思います。

あとは「公益」という名前を使えることぐらいかと。

 

事業は大きく分けて、

参加者を会員に限定して行うセミナーなどの例会と

一般市民にも公開して行う公開例会やイベントがあります。

 

公益社団法人の場合、

後者のような事業を全事業の半分以上の割合にしないといけません。

そして、すべての事業の計画を前年度中に立てなければなりません。

 

寝屋川青年会議所には

税の優遇は意味がない。

地域を豊かな社会にするために活動しているが、

同時に会員の様々なレベルアップを図ることも目的としている。

事業は毎年柔軟に行っていきたい。

 

ってことで、一般社団法人に移行しました。

 

会社・法人登記のご相談は<枚方市・寝屋川市・香里園の香里司法書士事務所/相続・遺言サポートオフィス> まで 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です