統一地方選挙第一弾

4月10日、大阪府議会選挙の投票をしてきました。

その日のうちの開票速報によると、

東京都知事選では石原さんが早々と当確を決め、

民主党系が全国で惨敗。

大阪府議会、大阪市議会では維新の会が第一党になったとのこと。

 

この一ヶ月間は、地震の影響で、候補者は細かい政策をアピールすることはできず、

市民も政策を考慮して、投票するということはあまりなかったのではないかと思いました。

 

僕も、各候補者が何を訴えていたのか、ほとんど吟味せずに投票しました。

 

石原さんが勝ち、民主党が負け、橋下維新の会が勝った。

政策どうのこうのではなくて、

結局、リーダーシップのあるところ、ぐいぐい引っ張っていくところを市民が求めたような気がします。

多少の反発、不利益、失言など、表面的な反感はあっても、

とにかく、事を実現していってくれるものを求められたのかなと思います。

政策は大事です。でも、結局それを実現できない政治家はいらない。

この2年間それを思い知らされてきたところに、

日本のあらゆることを揺らした大事件が起きてしまった。

 

昨今、リーダーシップが求められてきましたが、

今の日本を立て直すには、強烈すぎるリーダーシップでないと駄目なように思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です