養子縁組の手続きについて

養子縁組の手続きは、びっくりするほど簡単です。

相続に大きな影響を及ぼすにもかかわらず。

 

養子縁組する親(養親)と子(養子)の合意があって、

縁組届に署名押印し、証人二人(成人であること)が署名押印すればいいのです。

養子に配偶者があるときは、その人の同意も要ります。

提出する書類とか書き方とか気を付けることはありますが、ざっくりいうとこんな感じなんです。

それこそ、婚姻届に毛の生えた程度の書類で、養子縁組が成立します。

 

気を付けるべきは、

養子の氏(苗字)が変わってしまうことがあることでしょうか。

たとえば、

枚方市郎さんと寝屋川太郎さんが養子縁組すると、

養子の太郎さんは、戸籍上、枚方太郎さんになります。

太郎さんの配偶者・寝屋川香里(旧姓・守口香里)さんも、枚方さんになります。

ところが太郎さんの子は自動的には枚方さんにはなりません。

養子夫婦の戸籍に入籍する届をしないと、親子で異なる氏になります。

 

枚方市郎さんと、独身である寝屋川ひとみさんが養子縁組すると、

養子のひとみさんは、戸籍は枚方ひとみさんになります。

 

枚方市郎さんと、寝屋川太郎さんの奥さんである寝屋川香里(旧姓守口香里)さんが養子縁組すると、

香里さんの氏は寝屋川のままです。

 

婚姻で氏を改めていない人が養子になると、養親の氏に変わるのです。

婚姻で氏を改めた人が養子になると、養親の氏にはならず、婚姻している現在の氏のままです。

ややこしいですね。

 

養子縁組の手続きは簡単ですが、

氏が変わったり、さらに子と氏が異なったり、

連動して、いろんな手続きをしないといけなくなるので、ご注意を。

 

ちなみに、

香里司法書士事務所では、

養子縁組についての法律相談はお受けできますが、

養子縁組の手続きはお受けできませんので、ご自身でしていただくことになります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です