一般社団法人寝屋川青年会議所

12月のことですが、

僕の所属する社団法人寝屋川青年会議所が

一般社団法人寝屋川青年会議所に変わりました。

12月31日をもって、僕は青年会議所を卒業となりましたので、

正確には所属していた、となりますが。

社団法人とは民法で定められた法人の一形態であったわけで、

その性質は、利益追求ではなく、公益目的でなければなりませんでした。

 

ところが、長い間、公益目的法人を隠れ蓑にして、

私腹を肥やす者が増えていました。

それがここ数年、表面にでてきて問題化しました。

漢検などが有名だと思います。

そこであらためて、公益法人とはなんなのか?と

改革がなされました。

改革の内容はざっくり言うと、

公益法人は、毎年、財産の半分以上を必ず公益目的に使いなさいというものです。

どんなものが公益目的になるのか?

法人を構成している特定の人や法人、組織だけに向けた事業をしていては公益目的にはならないし、

具体的には内閣府や都道府県庁が判断します。

 

この法改正により、これまでの公益法人は平成25年12月までに、

一般社団(財団)法人になるか公益社団(財団)法人になるかを選択して登記を完了しなければなりません。

できなければ、お家お取りつぶし、解散です。

 

寝屋川青年会議所は一般社団法人に移行することを決め、

大阪府庁の認可を受け、12月20日付けで

一般社団法人への移行の登記を完了しました。

 

会社・法人登記のご相談は<枚方市・寝屋川市・香里園の香里司法書士事務所/相続・遺言サポートオフィス> まで 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です