寝屋川青年会議所11月例会

寝屋川JCの11月例会は、枚方JC、交野JCとの合同例会として、

11月18日に行われました。

講師は、元ヤクルトスワローズの青島健太氏です。

 

野球の経験を交えて、リーダーシップ論について講義して頂きました。

かいつまむと

リーダーシップには

表出型

友好型

主導型

分析型

の4類型があります。

 

表出型は、賞賛を浴びることを目的するタイプ。要するに目立ちたい。

典型的なのが長嶋茂雄。

 

友好型は、昨今多いタイプで、部下に気を使い、受容して物事を進めていくタイプ。

代えてすまんな~。またチャンスやるからな~。

梨田前監督や真弓前監督、ヤクルトの小川監督が典型。

 

主導型は、達成するために手段を選ばず強烈に主導していくタイプ。

完全試合目前のピッチャーを代えて、さらに万全の勝利を目指す

落合前監督やオリックスの岡田監督が典型。

 

分析型は、いかにして安全に確実に目標に向かうかを考えるタイプ。

コミュニケーションよりも、部下にはデータを示して、それに対応させていく。

野村克也タイプ。

 

どの類型のリーダーが優れているということではなく、

その手法を特化していくことが大事だということ。

そして、足りない部分を、補っていく。自分で補えなければ、

補う人材を登用することが大事だとのことです。

 

さて、僕は何型なんだろう??

他人からは友好型だったり、分析型に見えたりするみたい。

自分的には、

うーん、わからん!

グチャグチャ型。。。

長嶋タイプでないことだけは分かっている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です