アクアリウムもLED化

ここのところ、節電、節電、また節電というぐらい

ブームのように街中、節電ですが、

うちの事務所の水槽も、ライトを少し節電化してみました。

 

海水魚とサンゴを飼うには、

簡単に言ってしまうと南国の海を再現しなければならないため、

蛍光灯どころではない、強烈な光が必要です。

それをこれまで実現してきたのが、メタルハライドランプです。

サンゴの種類にもよりますが、普通は150Wとか250Wのメタハラランプを使います。

うちの事務所は水槽は比較的光量が少なめでOKなサンゴがほとんどですので、

70Wのメタハラを使っていました。

今回、このメタハラをやめて、

50WのLEDランプにしてみました。

20W減らしたわけですが、照度はなんと、250Wメタハラを超えています。

強烈な明るさです。

うちのサンゴには明るすぎて、少し照度を絞った設定で使っています。

こういうこともメタハラではできないのですが、LEDはできます。

 

そして、もうひとつのメリットは、発熱量が少ないということ。

メタハラは一旦点灯すると、その直下は凄い暑さで、

水温もぐんぐん上がります。

ところが、LEDはかなりクール。

 

海水魚もサンゴも高水温には弱いので、24度までに水温を保つため、

クーラーが設置されているのですが、

LEDにしたことで、クーラー稼働時間もぐっと減らせそうです。

 

魚やサンゴに優しく、うちの事務所のランニングコストも

たぶん下がるだろう!今年の電気代が楽しみです。

 

ちなみに今の水槽はこんな感じです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です