わんぱく相撲寝屋川場所

今日はわんぱく相撲寝屋川場所が開催されました。

わんぱく相撲は全国各地の青年会議所が主催となって各地で予選が行われています。

寝屋川でも、市内の幼稚園児から6年生までを集めて南寝屋川公園の常設土俵で

毎年開催しています。今年は第27回目ということです。

寝屋川は幕内力士を輩出している地でもありますし、

また少年少女レスリングも全国トップレベルです。

本格的な相撲の型の子に対し、レスリングの鋭いタックルが対決する

異種格闘技的な面白さも見られました。

 

幼稚園児クラスは泣きながら闘っている子もいます。笑いながら闘っている子もいます。

たぶん、なんで土俵に立っているのか分かってない子もいるでしょうね。

しかし高学年になるとなかなか本格的な雰囲気の取り組みも見られました。

近頃の子供達は外で遊ぶことが少なくなったと言われていますが、

今日の大会をみていると、最初は恐る恐る相手に「さわって」いた小さい子たちが、

慣れてきて「とっくみあう」ようになってきます。

こういう遊びをすることが少ない現代っ子達にとっては、新鮮で楽しかったんじゃないでしょうか。

身体を思い切り触れ合うのは大切なコミュニケーションじゃないかなと思えました。

 

閉会式では、寝屋川青年会議所理事長から表彰状授与が行われます。

上位3人は大阪大会へ進出です。

昨年は大阪大会で優勝し、東京・両国国技館で開催される全国大会でベスト8進出の子もいました。

今年も全国大会で活躍する子供たちが出ることを期待します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です