相続対策・相続登記はお早めに

今日は、相続に関するご相談を2件お受けしました。

共通して感じたのは、もうちょっと早く動いていたらなあということ。

 

1件は、

会社の債務とその社長の相続の案件。

ここに生命保険金が絡んできます。

内容はこれ以上は詳しく書けませんが、

相続対策が上手にできていなかったのかもしれません。

対策ができていたとしても、相続人に想いがうまく伝わっていたのかどうか・・・

 

もう1件は、

不動産の名義が、2世代にわたっており、年齢の順に亡くなられたのですが、

10年以上相続登記が為されていない案件。

10年以上相続登記されていないと、相続関係がややこしくなる可能性があります。

また、必要な住民票の除票などが役所での保存期間を過ぎ、入手できなくなることがあります。

これにより、登記手続きがややこしくなってしまいます。

 

いずれにしろ、相続の問題は放置しておけば、拗れてしまうということです。

よりスマートにスムーズに相続問題を処理するには、

相続対策を生前から手を打っておくこと。

そして、死後の処理がスムーズにできるように手を打っておくことが重要となります。

生前の対策としては、遺言・贈与などが考えられます。この専門は我々司法書士です。

ほかに生命保険などを利用することも有効かもしれません。このようなご相談は税理士さんや保険屋さんが専門です。

 

相続にまつわる対策、手続きについては、多角的に総合的に判断することが重要です。

総合的に解決していくために、専門サイトを立ち上げましたので、ご利用ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です