旧正月に南京町へ

先日の土曜日、依頼者様と面談するため神戸に行きました。

夕方からは大阪で研修だったので、

時間つぶしと昼飯を探しに、

久しぶりに南京町へ

すごい人でした。

旧正月(春節祭)だったみたいです。

道も店の中もどこも人だらけで、飯どころではありませんでした。

で、結局、南京町から離れて食べました。

 

南京町、久しぶりにきたらそのパワーがすごいですね。

カントンゴか北京語か分かりませんがたぶん中国語とか

韓国語とか、様々な言葉が飛び交っていました。

 

これだけでパワーを感じました。

それは逆に言うと、日本語に力を感じなかったということ。

日本語自体が弱いのではなく、日本語だけしか聞こえない地域は、

熱気が感じられない。

 

人口減少が止まらない状況に入ってきた日本。

人口減少を食い止め、日本に活力を呼ぶには、

外国のパワーを呼ぶしかないんじゃないのかと思ってしまいました。

いろんな問題はあるけど、逃げてはいけないのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です