三輪車2時間耐久レース

ちょっと前ですが、

10月23日、淀川の河川敷・寝屋川の太間公園にて

寝屋川JCカップ三輪車2時間耐久レースが開催されました。

親子家族、職場、友達同士など、1チーム10人まで構成してもらって、

三輪車で2時間で何周できるかを競います。

前日に組み立てた三輪車たち。ドイツのかわいい三輪車・ラジオフライヤー

20台組み立てるの結構大変。

でも、JCメンバー集まれば、早いです。

みんな色々と電動工具持ってますからね。

かわいいラジオフライヤ―ですが、これが運転するとなると、

かわいくないんです。

小さいから、大きな大人だと、足がつっかえたり、空回りしたり。

チェーンもないから、漕いだら漕いだだけしか進まない。

レースが始まる前、大人ばかりで参加してたあるチームは

「みてみい、子供だらけやぞ!俺ら優勝間違いないな!わっはっは!」

てなことを言ってましたが、

レースが始まったとたん、顔が悲痛に歪んでました。

大人ばっかりだと苦しいんだよねえ。

でも、大人ばかりでも好成績を残しているチームもありました。

若い20代の女の子ばかりのチームは準優勝でした。

この三輪車レースの面白いところは、

パワーのある男でなくても、

大人でなくても、

子供でも、

女の子でも

対等に戦えて、

勝てるチャンスがあるということです。

で、優勝チームは

シャンパンファイト!(ノンアルコールですけど)

 

いい感じで大人と子供が融合していたのが、よかったのかもしれません。

子供と大人、男と女が、おんなじ土俵で戦える、

そして、レース後はすがすがしい達成感と疲れ。

これからも続いていくといいなと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です