寝屋川青年会議所7月公開例会

7月27日、寝屋川のイオンモール寝屋川グリーンシティにおいて

寝屋川JCの公開例会を開催しました。

今回は講師として、

間寛平さんをお招きし、アースマラソンを中心にご講演頂きました。

 

私も青年会議所メンバーの一員として、参加しました。

何百人?おそらく700人や800人はご覧になられたのではないでしょうか。

なかなかの盛況でした。

アースマラソンのお話を定番ギャグを交えながらして頂きました。

寛平さんって、ほんとに話をするのが好きな人だなと思いました。

1時間はたっぷりしゃべっていただいたと思いますが、

最後は、え、もう終り?という顔をされていました。

 

その話の最後の方で、心に残っている言葉が、

「日本人は優しい。ものすごい優しい。すばらしい。でも、その日本人に一つ欠点があるとすれば、

それは、(心臓のあたりを拳で叩きながら)ここが弱い!」と話されたことです。

日本人は相手を思いやって、人に対して優しすぎるぐらいに優しい。

だけど、それだけに、心が弱いのではないかと。

日本では自殺する人が年間3万人を超えています。

心を強く持ってほしい。そのためには、もっと何でも言うことだ!と。

もっと思っていることを口に出して言わないとだめだ!と。

世界を回ってこられた方だから、肌に感じることなのでしょう。

 

嫌と思っていることはなかなか言えない。

それが相手の行動や言動を遮るものであれば、なおさら言いにくいというのが日本人。

言うことで、角が立ち、波風が立ち、

帰って相手に嫌な思いをさせたり、険悪になってしまわないか。

これが、日本人の文化とともにできあがってきた性質。

しかし、世界が狭くなってきたこれからは、

その性質も変化させていかないといけないかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です