地役権の登記

今月はもう一件、

普段なかなかしない仕事が。

 

地役権の登記です。

 

地役権というのは、

Aの土地の利用価値を増すために、

Bの土地を利用する権利や、

あるいはBの土地を特定の利用をさせない権利をいいます。

 

具体的には、

オーシャンビューのホテルがあったとして、

そのホテルと海との間に建物を建てられては困るので、

その間の地権者と、オーションビューを妨げないような契約を結び、

眺望を確保する地役権の登記をする。

 

あるいは、

電力会社の送電線を通すため、田んぼに地役権を設定したり、

鉄塔の安全を守るため、送電線の下の土地に、

建物の制限をする地役権の登記をするといった具合です。

 

このような場合、地役権を提供する側は、いくらかの報酬を貰うことが多いようです。

 

今回、僕が相談を受けたのは、

Aの土地が袋地になってしまうため、Aの土地から公道に出るまでの隣の土地に、

通行を確保するための地役権を設定するというものです。

 

ちょっと、なかなか無い登記なので、色々と勉強させていただきました。

こういう、普段ないイレギュラーな仕事が入ると、ウチみたいな弱小事務所は

いっぺんに仕事がてんてこ舞いになるので大変です。

 

でも、逆に、楽しくもあります。

苦労して、登記のことをたくさん勉強してなった司法書士ですから、

受験勉強したことに実務で遭遇するのは

司法書士になった甲斐があるというものです。

依頼していただいた方、ほんとにありがとうございます。

 

詳しいご相談は<枚方市・寝屋川市・香里園の香里司法書士事務所/相続・遺言サポートオフィス>まで

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です