司法書士って?

こんにちは!

司法書士って、ナニするひと?ってよく聞かれます。

行政書士さんとよく間違われたりもします。

最近は、電車の広告やCMとかで、過払い金で名を知られつつありますね。

だけど、司法書士の仕事って、「カバライ」だけじゃあないです。

僕たちの仕事は

  • 登記や供託手続きを代理すること。
  • 法務局(登記所)や裁判所に提出する書類を作成すること。
  • 簡易裁判所で行う訴訟などの代理をすること。

などなどですが、具体的には、

  • 家を買ったときや、相続したときの不動産の名義書き換え。
  • 会社を立ち上げるときの登記や、その変更の登記。
  • 訴額140万円までの裁判の代理人。(今は過払いの裁判がものすごく多くて裁判所は大変・・・)
  • 依頼者が自分で裁判するとき(本人訴訟と言ってます。)の訴状とかの作成もやります。

 

最近は高齢化社会を反映してか、成年後見の仕事が急増中でもあります。

まあ、この成年後見はいろいろ問題もあります。

おいおいお話したいことだらけです。

 

とにかく、僕たちの仕事は法務局や裁判所に絡む仕事です。

でも、困ったことがあったら、とにかくご相談ください。

司法書士ではできないこともありますが、

職種がら、いろんな専門家とつながっていますので、

なんらかの解決法が見えるかもしれません。

 

登記やお困りごとは「香里司法書士事務所」へよろしくお願いします!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です