このページをご覧の方は

ご自身の、あるいはご両親の将来の相続についてお考えのことだと思います。

これまでの相続手続きを承ってきた経験上、これからは必ずなんらかの事前の対策をしておくべきと言えます。

相続対策というと、まずは相続税の対策ということが頭に浮かぶかも知れません。

もちろんそれも大切ですが、

残された方たちがスムーズに相続の手続きができるように事前に準備しておくことがもっと大切だと思います。

それには、ケースに応じて

生前贈与をしておくこと

遺言書を準備しておくこと

成年後見・任意後見の制度を利用すること

民事信託(家族信託)の制度を利用すること などなどです

最近は少ないと思いますが養子縁組なども一つの方法です。

あるいは家財道具などは終活、いわゆる断捨離をしておくということも残された方には有難いことだと思います。

それぞれ、メリットもデメリットありますので、お考えの方は当事務所にご相談を。